「仕込み味噌」とは?

大豆・麹・塩を混ぜ合わせた発酵・熟成前の味噌のことです。
ご自宅に届きましたらお客様ご自身で容器に仕込み、10ヶ月から1年位で本格的な手前味噌に仕上がります。
自宅で発酵させた味噌は熟成環境と生活環境が一緒であることから家族の口に合うのではないでしょうか。


仕込みそ保管方法

ご用意して頂くもの

・みそ樽(ポリ樽でも可)
綺麗に洗浄し、良く乾燥させて下さい。
※漬物に使用した樽はだめ
・重石
※仕込みその2割程度の重さ

樽サイズ目安

1,麹屋もとみや「仕込みそ」をみそ樽に直接移し替え、中に空気が入らないようにしっかりと押さえ付けて、表面を少し高くなる様に仕上げて下さい。

2,仕込んだ味噌の表面にポリエチレンシートなどを貼付けます。(貼付ける場合には間に空気が残らない様に)表面のシートの端はすべて樽の中に押し込んで下さい。

3,シートの上に中蓋をのせ、仕込みその2割り程度の重石をのせ、ホコリよけの蓋をしたら仕込み作業の完了です。

仕込みその樽は、直射日光を避け風通しの良い場所に保管して下さい。

〜切り返し作業〜

均一な味噌に仕上げる為に、仕込みから3〜6ヶ月過ぎた頃に表面の汚れを拭いて、味噌を上下にかき混ぜて下さい。
切り返し後、表面のシートを元に戻して、仕込みから1年程度発酵・熟成させると色・香り共に満足のできる「味噌」が出来上がります。

PAGE TOP